製菓衛生師とは、製菓衛生師国家試験に合格した後、都道府県にある「製菓衛生師名簿」に登録された者のことを言います。製菓衛生師の国家資格をもっていなくても、業務そのものを行うことはできますが、開業時に必要な「食品衛生責任者」として認められる資格ですから、スイーツやデザート、菓子などの製造技術者を志す人には、ぜひ必要となる国家資格で、この資格を与えられた者は菓子製造のスペシャリストとして認められます。

製菓衛生師は、「名称独占資格」で、この資格を持っていないと、製菓衛生師をなのることはできませんが、資格はなくても営業することは可能です。

製菓衛生師の国家資格を取得した者は、お菓子作りのノウハウと技術、そして衛生学や食品添加物などに関する専門知識も身につけている者として認められ、活躍しています。
近年は、お菓子の消費量が増加し、また、消費者のニーズも高まり、より質の高い製品が求められています。多種多様なものが出まわり、食品添加物などに対する正しい知識や高度な技術の習得がパティシエに要求されています。

安全でおいしい菓子を作る菓子職人が求められ、製菓衛生師需要が高まった結果、製菓衛生師の国家試験の受験者が増え、この資格を取得する菓子職人が多くなっています。
消費者が安心できる製菓のスペシャリストとして、製菓衛生師に求められるものは多く、菓子作りだけではなく、製造責任者として生産ラインの管理を行う製菓衛生師も多く、製菓衛生師の仕事は多岐に渡っています。

[Recommend]
松戸のランチ情報はこちら → 松戸 ランチ
西新宿のランチ情報はこちら → 西新宿 ランチ